FC2ブログ
Loading…

コロタイプギャラリー 「国際博物館会議京都大会開催記念 特別展示」のお知らせ

Posted by takumi suzuki on 03.2019 【コロタイプギャラリー】   0 comments   0 trackback
便利堂ブース&ワークショップ@ICOMも頑張ってます!

ICOM_9.jpg
ICOM「ミュージアム・フェア」@EVENT HALL, 京都国際会館

ICOM_3.jpg


 秋の心地がほんの少し感じられ、過ごしやすい季節が待ち遠しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。便利堂コロタイプギャラリーの溝縁です!

 今年、この初秋の京都を賑わせているのは京都国際会館を使用した大規模な催し「国際博物館会議 ICOM」の京都大会です!この企画は3年に一度、世界のどこかの都市で開催されるというもので、日本では初の開催となります。そして、幸運なことに、便利堂もICOMのプログラムのひとつ「ミュージアム・フェア」にブースを出させていただくことになりました! ⇒詳しくは、別記事「第25回 国際博物館会議京都大会 ICOM KYOTO2019始まります!」をご参照ください。

ICOM_10.jpg

 ミュージアム・フェアは無事昨日2日に初日を迎え、明日4日まで開催されます。便利堂のブース(E32)はこんな感じです。 また本日は、同じくミュージアム・フェアの会場の一つであるANNEX HALLのスペースにて、コロタイプワークショップを開催しました。会場にお越しの皆さまに、朝から途切れなくコロタイプの手刷りプリント体験をしていただきました。

ICOM_11.jpg

 さて、そのような大きな催しでプレゼンテーションできるのであれば、本社併設のコロタイプギャラリーやコロタイプ工房にもお越しいただき、ぜひコロタイプ作品を観ていただきたい!との思いから、古美術の複製や写真から現代アート作品まで、コロタイプの幅広さをお楽しみいただけるサテライト特別企画展を9月2日から開催しております!(10日まで)

collo-g_1.jpg

 ギャラリーに入ると、まず目に飛び込んでくるのが、酒井抱一(1761 - 1828)が描いた「夏秋草図屏風」の原寸大コロタイプ複製です(写真左)。原本は重要文化財であり、東京国立博物館に所蔵されています。元々は、尾形光琳が描いた「風神雷神図屏風」の裏に描かれていたというもの。現在は原本保護のために別々の屏風に改装されています。展示は、この現在の姿の複製ですが、これとは別に2015年に琳派400年を記念して、本来の姿である「風神雷神」「夏秋草図」両面の形に復元した複製も制作いたしました(⇒くわしくはこちら)。現代の、ごく一般的な日常生活の中で、屏風をゆっくりと眺める瞬間はなかなか得られないもの。まさに夏から秋へ季節の移ろいを感じながらこの屏風を眺めるひと時は、とても贅沢に感じられます。

IMG_0774.jpg

 その横には、しずかにゆったりと微笑むお顔のほとけさまは、大阪・観心寺の国宝「如意輪観音坐像」を大判にプリントしたコロタイプ写真です。その原板となっているガラス乾板は、おそらく前世紀中頃に撮影された貴重なものです(そのガラス乾板も、卓上に展示いたします)。当時、手刷りコロタイプで一枚一枚仕上げられていた希少なコロタイププリントを、改めて素敵なパネル装に仕立てた作品を展示しています。本年4月に便利堂より刊行されました第四版「国宝事典」(P.101)にも掲載されています。国宝事典も閲覧いただけるように配置いたしました。是非お手にとってご覧いただけたらと思います。

女史箴

 パネル装の仏様から目を落とすと、卓上に長く広々と広げられた女史箴図巻をご覧いただけます。この女史箴図は、大英博物館が所蔵しており、その全長は3.5mの絵巻です。4世紀末頃の東晋の画家、顧愷之の代表作といわれています。宮中の女官の心得を諭す場面が描かれており、鏡の前で髪を整える女官姿や、皇帝と話をする場面など、絵巻物さながらの想像をして楽しむことができます。
 この複製は、いままでモノクロしかプリントできなかったコロタイプを、便利堂がカラーコロタイプで完成させた初めての複製です。作成は1965年から1966年にわたりました。当時、便利堂の写真工房が大英博物館を訪れ、この絵巻物を撮影し、持ち帰った画像から、このように見事なカラーコロタイプの複製を仕上げました。当時海外で撮影するということは、一大イベントだったに違いありません。その技量の幅を感じさせられます。

IMG_0776.jpg

 改めて壁面に目を移すと、そこには打って変わって現代的なカラー写真のコロタイププリントが。アメリカ、ニューヨークの1970年代を闊歩したソール・ライター(1923 - 2013)の写真群です。便利堂がソール・ライター財団と協同でポートフォリオを作成したのは2017年のこと。8イメージのカラー写真は、彼が生前に選んでいたものです。曇った窓ガラスの水滴越しの町の風景や、雨のイメージはどこか切なさを帯びており、写真を見入っていると、ふと自分もニューヨークの街角に佇んでいるかのような気分になります。

IMG_0778.jpg

本展示最後の作品は、なんともモッテリとしたインキののりが特徴的なカラーコロタイププリントです。ふと、西洋の著名な画家の作品を思い出しますが、これは日本を代表する現代アーティスト、森村泰昌氏の「フェルメール研究2004」の一作をコロタイププリントとして仕上げたものです。絹本(けんぽん)と呼ばれる、絹を和紙に貼った紙が使用され、微小なインキの滲み具合がその独特の色の厚みを感じさせます。このカラーコロタイプは、いわゆるカラープロセス(CMYKによる4色刷り)をベースに独自のプロセスカラーを掛け合わせ、さらにその上に特色で刷り重ね、計12色で仕上げられています。何度も何度も刷り重ねられた油性のインキが、どこか油絵を思い起こさせるのかもしれません。


本展はICOMに合わせて開催されますが、どなた様もご覧いただくことができます。是非お近くにお越しの際は、お立ち寄りくださいませ。


【概要】
2019年9月2日(月)―9月10日(火) ※7日(土)、8日(日)は休廊
13:00 - 17:00
便利堂コロタイプギャラリーにて


第25回 国際博物館会議京都大会 ICOM KYOTO2019始まります!

Posted by takumi suzuki on 30.2019 【今日のコロタイプ】    0 comments   0 trackback
便利堂もブース出展いたします! Booth no. E32
2019年9月2日-4日 @国立京都国際会館 1F Event Hall E32

ICOM_1.jpg

ICOM_3.jpg

9月1日より、京都国際会館にてICOM2019が開催されます。ICOM(International Council of Museums)とは、博物館関係者により1946年にパリで創設された、博物館に関する唯一最大の国際機関(NGO)です。2019年現在、世界138の国と地域から44,500人のミュージアム関係者が、加入しています。この国際博物館会議が、このたび日本で初めて京都で開催されます。

国際博物館会議は3年に1度開催されており、第25回の京都大会は「文化をつなぐミュージアム―伝統を未来へ―」をテーマに、文化財や美術品をどのように守っていくのかという問題や、ミュージアムの運営や経営、紛争や災害等の緊急時の対応方法など、博物館に関わる情報の交換や知識の共有、会議がおこなわれる予定です。そして、そのなかのイベントの1つとしてミュージアム・フェアが開催されることになり、便利堂もブースを出展し、参加することとなりました!

ICOM_2.jpg
会場見取り図(ICOM HPより https://icom-kyoto-2019.org/jp/museum_forum.html

 ミュージアム・フェアは京都国際会館内の三つの会場にわたり9/2~4の3日間開催され、博物館美術館をはじめ、文化に関わる企業・団体がブースを出展し、皆様に活動や技術を紹介するイベントです。今回便利堂では、EVENT HALLのブース番号「E32」にて『明日への文化財遺産の保存』をテーマに、これまで一世紀以上にわたって取り組んできた「コロタイプ複製」、「文化財撮影」、そして新たな取り組みである「ガラス乾板スキャナー」の3つを柱とする、“便利堂独自のアーカイブ技術”を皆様にご紹介します!

今回のご紹介で特に力を入れているのは、便利堂が京都大学と一緒に開発した大型原板にも対応可能な世界初の「ガラス乾板専用超高精細スキャナー」です。

ICOM_7.jpg
ガラス乾板専用超高精細スキャナー


世界初「ガラス乾板専用超高精細スキャナー」とは?

ガラス乾板とは、ガラスの表面に感光材を塗布した撮影用感光材料のことです。19世紀末に実用化され、フィルムが主流となる20世紀半頃まで使用されていました。これらの原板は、材質がガラスであるため脆弱で扱いづらく、死蔵されたまま経年変化による劣化が進んでいます。一方で、時代とともに失われていく風景、建物、風俗、文化財など、ガラス乾板に写された画像でしか見ることができない貴重な文化財でもあります。写された画像を後世に伝えるため、便利堂は大型ガラス乾板にも対応できる世界初の専用超高精細デジタルスキャナーを京都大学と共同開発しました。2,500dpiという高解像度でスキャニングできるため、乾板の細部まで拡大することができ、また濃度調整をすることで肉眼では見えにくい部分を表現することもできます。死蔵されたガラス乾板を、高精細のデジタルデータにすることで、貴重な写真の活用が可能となります。

【スキャナー紹介動画】


このスキャナーを用いて、先年重要文化財に指定された「法隆寺金堂壁画」の全紙大ガラス乾板(昭和10年撮影)363枚の原板をデジタル化する事業が進行中です。写真原板自体は重要文化財に指定され、万全な保存が期待されますが、その原板に写された画像の保存ならびに利活用が大きな課題でした。しかしこの事業により、焼損前の壁画の姿をとどめる唯一無二の貴重な画像が研究を始めさまざまな形で有効活用されていくことと思います。こうした新たな取り組みについて、ICOM ミュージアム・フェアにご来場の皆さまにご紹介できればと思っています。

ICOM_8.jpg
重要文化財 法隆寺金堂壁画原寸分割撮影原板のスキャナー作業風景

<便利堂のスキャナーの特徴>
20×24inchの大きなガラス乾板のスキャニングが可能。
carte de visiteサイズから20×24inch(500mmX610mm)程度まで対応可能
●8K以上の次世代ディスプレーに対応できる超高精細データが取得できます。
最大24億7500万画素/18×22inch
●収差の少ないレンズ、ムラの極めて少ない光源で撮影しますのでガラス乾板の情報が正確にデジタル化されます。
●LED照明を使用していますので、ガラス乾板への負担がありません。

<スペック>
●フィルター UV/!Rカットフィルター
●レンズ Micro Nikkor 105mm
●光源 可視光LED
●スキャナー解像度 1500~2600dpi
●スキャニング寸法 最長700mm 最大横幅540mm


ICOM_5.jpg
法隆寺金堂壁画(六号壁)コロタイプ複製(左)、高松塚古墳壁画(西壁女子群像部分)コロタイプ複製(右)

開催期間中は、ブース内に便利堂が昭和10年に撮影し、昭和13年に制作した法隆寺金堂壁画原寸大コロタイプ複製と、昭和47年に発掘直後に撮影し、平成29年に制作した高松塚古墳壁画原寸大カラーコロタイプ複製も展示しています。

1811Paris_103.jpg

また、9月3日(火)10:00~16:00には、同じく京都国際会館のANNEX HALLで、コロタイププリントのワークショップも開催する予定です。ミュージアム・フェアの当日券もあるそうですので(先着順、数量限定)、ご興味のある方やお時間のある方は、ぜひお立ち寄りください! 

便利堂の場所は、国立京都国際会館1階のEVENT HALLでブース番号は「E32」です!

ICOM_6.jpg

■ミュージアム・フェア
会場: 国立京都国際会館 1F EVENT HALL E32
日時: 9月2日(月)        12:30~18:00
     9月3日(火)、4日(水)  9:00~18:00

■コロタイプワークショップ
会場: 国立京都国際会館 ANNEX HALL Networking Lounge
日時: 9月3日(火) 10:00~16:00


便利堂コロタイプ アカデミー開校2周年記念作品展開催中!

Posted by takumi suzuki on 30.2019 【コロタイプギャラリー】   0 comments   0 trackback
Benrido Collotype Academy 2nd Anniversary Exhibition
2019年 7月 29日(月)- 8月 9日(金)※土日休廊 13:00-17:00 @便利堂コロタイプギャラリー

1 _0300

チラシ

こんにちは!便利堂コロタイプアカデミーの溝縁です。
おそがけの梅雨が終わり、いよいよ暑くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

2_DSC5080.jpg

便利堂コロタイプアカデミーはたくさんの方に支えられて、7月29日(月)に開校から2周年を迎えました。
これまで、31回のワークショップを開催し、受講者の総数は147名を数えました。
海外から来られる受講者の方も増える一方で、中には半年以上も前からコースの開講日を確認にメールされてくることもありました。熱心な受講者の皆様、そして様々な文化圏の方や、普段は出会うことのない職種の方等との出会いはとても刺激的です。

3_DSC5106.jpg
アルミプレートのインキング作品

2年目に差し掛かった頃からか、アルミのプレートにコロタイプ用の感光乳剤を塗布して、印画をし、インキングをしてイメージを浮かび上がらせる手法など、仕上がりの素材に工夫を加えるような取り組みも行いました。と、同時に受講者の方から、鉄のプレートに印画はできないかな?というアイディアの持ち込みに答えることになるなど、表現の可能性も広がりつつあります。

4_0297.jpg

他にも、普段から集めていた特別な和紙を持ち込まれる方や、画像を様々な方向に刷り重ねてイメージを作る方、版の上に直接描画をしてドローイングの作品を仕上げたり、紙に折り目をつけてイメージをプリントする、イメージをコラージュのように分けて刷り上げる・・・等、個人の受講者から発案されるバリエーションも、本当に様々な趣を見せています。

5_0299.jpg

このようにして制作された手刷りコロタイププリントのアーカイブも、2年目の一年でたくさん集まりましたので、改めて2度目の展覧会を開催しようという運びになりました。
今年も、力作ぞろい。そして、色の幅も様々に展開されていますので、ぜひご高覧くださいませ。

6_0295.jpg

展覧会の詳細は以下のとおり!
暑い日差しの日々が続きますが、是非便利堂コロタイプ ギャラリーへお越しくださいませ!



BENRIDO COLLOYTPE ACADEMY 2nd ANNIVERSARY EXHIBITION!
便利堂コロタイプアカデミー開校2周年記念作品展

会期:2019年 7月 29日(月)- 8月 9日(金) ※土日休廊
時間:13:00-17:00
場所:便利堂コロタイプギャラリー
京都市中京区新町通竹屋町下ル弁財天町 302
公式 HP: www.academy.benrido-collotype.today



第7回「コロタイプ手刷りプリントのおもしろさ」展 今年も開催!

Posted by takumi suzuki on 19.2019 【コロタイプギャラリー】   0 comments   0 trackback
あっという間に第7回! 明日より開幕です!

ws7_51.jpg

便利堂コロタイプギャラリー
会期:2019年6月20日(水)~7月5日(金) 13:00~18:00
休廊:土・日曜日

 皆さん、こんにちは! 恒例の社員コロタイプワークショップ展、「コロタイプ手刷りプリントのおもしろさ」展を今年も開催いたします。気が付けば、あっという間に第7回! 年を重ねるごとに、ますます社員の技術も、作品の質も向上しました! 明日より始まる展示の見どころをご紹介いたします!

ws7_6.jpg
力作43点が出品されました

便利堂では、自社のコア技術であるコロタイプの魅力をより多くの人に知ってもらうため、まずは社員自らがコロタイプの魅力を知ろう!ということで、自分の手でコロタイプ作品をつくり、その難しさや奥深さ、技師の技術の高さを実感し、そしてものづくりの楽しさを体験する社員ワークショップを毎年開催しています。なんと! 気が付けば第7回! 思えば遠くに来たものだと、今年も力作ぞろいの展示を前にして感慨もひとしおです。というのも、今年は今までにも増してチャレンジングな作品が目白押しだからです。

WS7_1.jpg

↓過去の作品づくりの様子はコチラ↓
第1回:http://takumisuzuki123.blog.fc2.com/blog-entry-32.html
第2回:http://takumisuzuki123.blog.fc2.com/blog-entry-66.html
第3回:http://takumisuzuki123.blog.fc2.com/blog-entry-86.html
第4回:http://takumisuzuki123.blog.fc2.com/blog-entry-99.html
第5回:http://takumisuzuki123.blog.fc2.com/blog-entry-109.html
第6回:http://takumisuzuki123.blog.fc2.com/blog-entry-114.html

ws7_8.jpg

どこか例年と違う印象を感じていただけるでしょうか?

ws7_9.jpg

なにかが違う。。。

ws7_11.jpg

そう! カラフルな作品が激増したのです。

ws7_31.jpg

コロタイプの版は1色刷なので、従来はブラック1色のモノクロ作品がほとんどでした。しかし、今年は1色刷でもセピアやブルーなど自分のイメージに合った思い思いの色で作品づくりを楽しんでいます。中には、1つの版に上半分と下半分とに違う色を入れ2色刷にしたり、何色も重ねた多色刷作品に挑戦したつわものも!

ws7_41.jpg

これは、各社員の技術が向上したこともありますが、ひとつの大きな要因が2017年7月に開講したコロタイプアカデミーの影響があるかと思います。コロタイプアカデミーは、一般の方を対象にコロタイプを知り、学び、実践できる場を提供することを目的に開講しました。昨年は、受講した方々の作品を一堂に展示した1周年記念展も開催しました。
⇒過去記事:コロタイプギャラリー《便利堂コロタイプアカデミー開校1周年記念展》 開催中!

受講した方々の自由なアプローチ、独創的な作品作りにアカデミーの講師陣も刺激され、それらの対応力や指導に生かすノウハウも向上したのではないかと思います。またそうしたワークショップ作品を目にした社員の皆さんも、それらのアプローチを参考により自由に、自分の作品作りに取り組んだ結果ではないかと思います。


ws7_7.jpg

最後にもう1点。会場の左端にひときわ大きな作品が展示されています。これはマイスター山本が、アカデミーに設置されている11×14インチ程度の作品が制作可能な版画用のプレス機でプリントした参考展示作品です。アカデミーでは、今回社員作品で展示されているはがきサイズのプレス機を基本に、さらに上級者には8×10インチの作品も制作できるコースも設けています。この11×14インチでのテストプリントも無事完成し、今後このサイズのコロタイプ作品もアカデミーで制作可能になる日も近そうです。

 
詳しくはコロタイプ・アカデミーのサイトをご覧ください。

www.academy.benrido-collotype.today

 以上、パワーアップした作品群をぜひその目でご鑑賞ください! これらの出品作から、社員と来場者の投票で優秀作品を決定いたします。皆さんの清き1票で便利堂創立記念式典(7月1日)の表彰の舞台に立つ社員が決まります。投票期間は6月28日正午まで。ご協力頂いた皆様には、コロタイプ絵葉書を1枚プレゼント! 会場でお待ちしております!



第7回「コロタイプ手刷りプリントのおもしろさ」展

便利堂コロタイプギャラリー
京都市中京区新町通竹屋町下ル弁財天町302番地

会期:2019年6月20日(水)~7月5日(金) 13:00~18:00
休廊:土・日曜日

国宝複製完成展示『水無瀬神宮の社宝』展開催中!

Posted by takumi suzuki on 18.2019 【今日のコロタイプ】    0 comments   0 trackback
今週22日(土)には、マイスター山本の講演会も開催!
@島本町立歴史文化資料館

2019年6月1日(土)-7月21日(日)

水無瀬神宮の社宝_1


京となにわが出会うまち「島本町」で国宝の複製がこのたび完成

 大阪府三島郡島本町は、京都の大山崎町と大阪の高槻市に挟まれた府境に位置しています。桂川・宇治川・木津川が山崎地峡で合流して淀川となる場所で、古くから京都盆地から大阪平野へ抜ける交通の要衝として栄えました。この島本町には、後鳥羽天皇を祀るために建立された水無瀬神宮があります。この水無瀬神宮には後鳥羽天皇ゆかりの宝物が国宝として2点伝わっています。このたび、島本町立歴史文化資料館ではこのふたつの国宝をコロタイプ複製され、完成記念展として「水無瀬神宮の社宝」を開催中です。⇒島本町HP:企画展のお知らせ


国宝「後鳥羽天皇像」と「後鳥羽天皇宸翰御手印置文」

P1030786本刷1

簡単にこの2件の国宝をご紹介します。ひとつは、上皇時代の後鳥羽天皇を描いた肖像画です。文武両道で、新古今和歌集の編纂でも知られる後鳥羽天皇は、承久3年(1221)に、鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げましたが、この承久の乱で朝廷側が敗北したため、出家して隠岐に配流され、延応元年(1239)に同地で崩御しました。吾妻鏡などによれば、後鳥羽上皇が隠岐に配流される直前に、出家前の姿を藤原信実に描かせた像と伝わり、鎌倉時代似絵(にせえ)の代表作とされます。

P1030789本刷

もう1点は、後鳥羽天皇が崩御直前の暦仁2年(1239)2月9日、隠岐の配所から寵臣藤原(水無瀬)親成に与えた置文です。置文(おきぶみ)とは、一族や子孫に対して、現在および将来にわたって遵守すべきことを書き記した遺書です。親成の奉公を賞して摂津国水無瀬、井内の両庄を与え、また両庄を天皇追善の料所とすることなどを記し、その内容を証するため御手印をも加えられたものです。この10日余り後の2月22日に天皇は崩御されます。この遺勅に基づき、藤原信成・親成親子が仁治元年(1240)に天皇の離宮旧跡に御影堂を建立し、祀ったことが水無瀬神宮の始まりです。

今後、この貴重な国宝が複製として島本町立歴史文化資料館で展示公開されます!


今週22日の土曜日には、マイスター山本の講演会も開催されます!

この展覧会開催を記念し、「世界最古の写真印刷技法 コロタイプ技法」と題した講演会を山本修が行います。6月22日(土) 14:00(受付13:30)~15:30です。ぜひお近くの方は足をお運び頂けますと幸いです。


国宝事典_1
(『国宝事典』(第4版)より)

この2点を含む国宝1115件を解説とカラー図版で紹介した『国宝事典』(第4版)が好評発売中です!  お近くの書店や便利堂各店舗でぜひお求めください!

2019年4月20日刊行 B5版・上製函入・754頁 定価:8,500円(+税)

くわしくは公式HP www.kokuho-jiten.comまで

国宝事典_2

プロフィール

takumi suzuki

Author:takumi suzuki
【コロタイプの過去・現在・未来。創業明治20年の京都 便利堂が100年以上にわたって続けているコロタイプ工房より最新の情報をお届けします】
Japanese:www.benrido.co.jp
English:www.benrido-collotype.today

カテゴリ

  • 【コロタイプとは? what is a collotype?】(1)
  • 【コロタイプ、やりませんか collotype academy】(15)
  • 【コロタイプで作品集をつくりませんか?】(1)
  • 【今日のコロタイプ】 (28)
  • 【コロタイプ技法解説 collotype process】(4)
  • 【コロタイプの歴史】(2)
  • 【古典印画技法 Altanative Process】(3)
  • 【コロタイプギャラリー】(32)
  • 【書棚のコロタイプ】(3)
  • 【コロタイプ技術の保存と印刷文化を考える会】(2)
  • 【法隆寺金堂壁画ガラス乾板保存プロジェクト】(3)
  • 【文化財を護る技―「認定保存技術」プロジェクト】(0)
  • 【メディア取材】(5)
  • 未分類(1)
  • English(8)
  • HARIBAN AWARD(8)

全記事一覧

takumisuzuki123