Loading…

INTERVIEW : Simon Baker on Collotype

Posted by takumi suzuki on 23.2013 English   0 comments   0 trackback
サイモン インタビュー



Tell me your name and job title.

My name is Simon Baker, I’m a curator of Photography and International Art for TATE in London

Tell me the significance of collotype in the context of historical photographic processes.

Collotype is an important historical process mostly associated with the end of the 19th century in Europe. Something that was far more wide spread than it is now. It was a revolutionary way of producing very high quality fine art reproductions of images at that point. Now it is much more of a specialist process because it’s no longer… Because in that time it was a leading way of reproducing images and now, it’s still a very beautiful, very aesthetically interesting way of reproducing images, but it’s not so wide spread. In fact, it has become very rare.

What is the uniqueness, beauty that you are attracted to collotype.

The collotype has a very specific aesthetic. It was originally taken up by, to reproduce artwork because it is very very subtle. It is very very subtle in the way of showing the difference between light and shade, so you have very subtle gradations of light and shade and you can control with very skilled craftsman how an area of deep black looks and you can also have highlights in the same image. When first invented, it had this incredible ability to reproduce things in a very faithful way.

サイモン 工房



How does collotype fit into today’s digital world?
Now there’s something very interesting happening in photography in general. Because of the rise of digital, and also because of the decrease in the availability of many kinds of analog material, there are far less photographic paper available than it used to be, far less subtlety in terms of what you are able to do with analog processes. In fact, many leading photographers has stored all the paper that they like, and storing chemicals, they are basically hanging on to the kind of prints they like to make. So at this moment when photography is becoming apart from those individuals who are very skillfully kept thing apart from those people it is becoming more uniform. If you see gelatin silver prints made in labs, they look very much the same, everyone is using the same paper, apart from these expert artisans using different processes, it is becoming more uniform.
What that means is, now, these kinds of processes like collotype and other gravure processes become rarer than the dominant kinds of black and white reproduction. So it’s almost exactly the opposite of how it would have been at the end of the 19th century. Then you would have had many many kinds of photographic paper, many kinds of ways of printing photographs, and maybe only one or two reprographic processes. Now you have very few means of reproducing photographs but this very rare reprographic process. So it’s very interesting that it has a renewed importance almost because of the way of how the photographic field has become leveled.

サイモン WS


Today you looked at the studio and tried making collotype. Tell me about the experience being at the studio of Benrido.

The experience being at Benrido has been incredible and really eye opening. You imagine it is like an old fashion process but it is really carried out incredibly, its like a workshop like you would have imagined. You could have visited this workshop a 100 years ago and people would have been doing things in a similar way, not exactly the same way. There’s a very incredible balance of manual dexterity and facility that the technicians here were showing. They were able to do things very precisely, judging things by eye, incredible attention to detail, the passing the print through the machine several times to achieve different kinds of balance within the image, and these are skills which are entirely in the eye. It’s not like photoshop where you can make a setting and everything will come out the same. It’s really an amazing amount of skill and we were very lucky today to be able to try making a collotype with experts supervision, Mr. Yamamoto who is showing us exactly what we need to do so it wasn’t as hard as it would be for someone with no help.

What you understand from being here is that there is a place for this kind of process in the contemporary world. The stillness aesthetic, complexity, the stillness ability that the collotype has to respond to different kinds of depth, and different kinds of tonal value in the photograph, which makes it still important today. As I was saying before, the balance of taking a contemporary image and then subjecting it to something that has absolute control in terms of the mastery of printing process is really unique. I would imagine there are very few places in the world where this is still possible.



サイモン A.Takizawa


This is going to be a competition where the winner's image is going to be printed by benrido with Mr. Yamamoto. What are you looking for from the contemporary photographer who’s going to print in this antiquary process?

What I think is really exciting about, and what we’ve seen at Benrido today is, we’ve seen some works by some of the most famous Japanese photographer and indeed American photographers. We’ve seen works by Shoji Ueda, by Hosoe, by ***, by ***, we’ve seen some amazing things. A very classic, historic and living artists who become very successful with their work. Each of the different kinds of work, you see different qualities of the collotype. We also have seen work by younger photographers, Akiko Takezawa, who’s been working with Benrido for several years. And you see in her work, because she is more of an emerging artist, you see a different kind of sensibility. In fact, what is most interesting is the ability for someone like Benrido, which is steep in tradition, steep in this attention to historical process, they are able with their expert eye in the way that they look at the visual material, they are able to bring something to the work of a younger artist who is maybe still experimenting herself with the way her work looks. And I think this idea that as many photographers enjoy or have enjoyed in the past working with a master printer to make photographic prints, particularly in color. You have this ability to have a relationship with an expert who is able to look at your work and say, “Well maybe you should consider doing it like this, maybe this kind.” We saw, for example many different kinds of paper and advice that you could get from somewhere like Benrido in terms of printing on a different paper, printing on a different kind of way to really make collaboration between an artist and a master printer.

daiwa.jpg


When you choose winning images for this competition, are you looking solely based on their images or are you thinking to take in consideration the marriage between the process and the image?

I think the really important thing about bringing somebody to Benrido and the amazing opportunity that will be for a young artist to come and work with the people here, will be that they will be able to benefit from the exchange of ideas and from the exchange of expertise. I think it’s an amazing opportunity for somebody who is still thinking in an experimental way about their work, and who maybe has a real deep interest in process and printing and, maybe in their own practices already experimenting with different kinds of black and white technique or different kinds of color technique and to get to allow them to really spend some time. I think the main advantage of this kind of situation will be spending time with expert people and you never be able to do that in your ordinary working life. And should with any luck, and not only producing an amazing body of work, because they will be producing collotype editions here, but also change the way that they work afterwards and make them think about their own practices in a new way.

Photography is becoming a very competitive field. What is your best advice for young emerging photographers?

My best advice for young emerging photographers is to do essentially what happens in Benrido, which is to look at the past, look at the things that have came before but also to think really carefully about what’s going on around them. To be interested in process and attention to material. To think about things like printing and paper and not to think of photography just as taking a picture, to think of it as it’s a long process that includes using a camera, first of all, and then it includes making an amazing print, and then it includes publishing or showing that print in an interesting way. If you think of the whole structure of photography is including all of those things, then you are probably on the right track.


Najima Box
Akiko Takizawa Najima collotype portfolio

サイモン・ベーカー氏特別インタビュー

Posted by takumi suzuki on 18.2013 【古典印画技法 Altanative Process】   0 comments   0 trackback
「写真界で起こっている変化によりコロタイプに新たな重要性が生まれたのです」
於 便利堂コロタイプギャラリー 2013/9/24

サイモン インタビュー

 東京フォト(9/27-30)で開催された特別展示「車窓からの眺め」のキュレーションで来日中のテート・モダン、写真キュレーターのサイモン・ベーカー氏が、便利堂コロタイプ工房を訪ねてくれました。2011年の来社に続き、2回目の訪問となります。前回はあいにく台風の来襲に遭い、翌日の工房見学がキャンセルとなってしまって残念な思いをしました。今年も台風が多く、二の舞になるのを心配していましたが、うまい具合に前の週に台風18号が通り過ぎてくれ、おかげで快晴にも恵まれました。

 ベーカー氏は、それまで写真部門がなかったテート・モダンに2009年に招かれ、一躍同館の写真部門の評判を高めたことで有名です。日本の写真にも造詣が深く、コロタイプについても高く評価してくれています。ベーカー氏は『写真は物質だということを忘れてはいけない』といいます。プリントや印刷物としての最終的に物質化された状態にクオリティがなければいけないというのが彼の持論です。その彼がコロタイプをどのように見ているのか、この機会にインタビューをお願いしたところ快諾いただきました。

 これに先立つ8月にロンドンでもベーカー氏にお会いしていたのですが、その時彼に提案されたのがコロタイプのコンペティションを開催することでした。私も同様の企画をずいぶん以前より思い描いていたので、意気投合し、「審査員、やってくれます?」「もちろん」ということで、具体的に企画が進むこととなりました。今回のインタビュー映像は、このコンペティションのプロモーションにも活用する予定です。コンペの詳細については、またあらためてアップしたいと思います。



お名前と職業を教えてください。

サイモン・ベーカーSimon Bakerです。ロンドンにある英国国立美術館テートモダンTete Modern、フォトグラフィー・国際美術部門キュレーターです。

歴史的な写真印画技法という観点から見たコロタイプの重要性は何ですか?

コロタイプは主に19世紀末に関連づけられている歴史的な印画技法です。当時は、質の高い美術品の複製画像を印刷する革命的な技法として現在よりも広く普及していました。現在でも非常に美しく魅力的な複製を印刷できますが、あまり一般的ではなくなり、専門的な技術と捉えられています。

コロタイプ独特の魅力や美しさとは何ですか?

コロタイプには非常に特別な美しさがあります。光と陰のグラデーションが非常に繊細に表現され、優れた職人であれば深い黒やハイライトの見え方をコントロールすることができるのです。このことから美術品の複製画像の印刷に使われてきました。発明された当初は非常に忠実に複製できる印刷技法として注目を浴びました。

サイモン 工房


昨今のデジタル社会にコロタイプはどのように溶け込んでいますか?

現在、写真界全体に非常に興味深い現象が起こっています。デジタル技術の発展とアナログ印画に使われる材料の減少により、写真プリントの均一化が進んでいるのです。昔に比べると印画紙の種類が遥かに少なくなっており、プリントの際に昔ほど繊細な変化を与えられなくなってきました。先端を行く写真家の多くは、お気に入りの印画紙や薬品を蓄えていますが、その他の写真家は皆同じ印画紙を使用する他なく、プリントスタイルが一様になってきているのです。

また、コロタイプやフォトグラビア技法が、現在普及している印刷複製技法に比べて希少になりました。これは19世紀末とは正反対の事態です。当時は多種類の印画紙や現像の方法はありましたが、写真印刷技術は数種しか存在しませんでした。それに比べ現在では写真プリントに使われる材料は減少しましたが、コロタイプのようにとても珍しい技法が残っています。写真界で起こっている変化によりコロタイプに新たな重要性が生まれたのです。

サイモン WS
工房見学だけでなく、今年よりはじめたワークショップも体験していただきました。

便利堂の工房を見学なさり実際にコロタイププリントに挑戦されましたがその経験はいかがでしたか?

非常に素晴らしい経験でした。まるで100年前の工房にいるかのようでした。手作業の巧妙さと設備のバランスには目も見張るものがあり、それが非常に正確な作業を可能にしていました。すべてを目で判断し、細部に細心の注意を払い、画像の様々な濃淡のバランスを得るために何度もプリントを機械に通すなど驚く程の技術を必要とし、フォトショップのように1つの設定を作ると全てが同じように出てくるのとは大変違います。今回、熟練技師の監督のもとコロタイププリントに挑戦することができ非常にラッキーでした。

この経験からも、現代にコロタイプのような印刷技法の居場所があることが分かりました。コロタイプの持つ不動の美しさや複雑さ、様々な奥行きや色彩に反応できる力は現在でも重要です。現代の写真作品と、プリント過程に熟達している技法との融合は非常に独特なものであり、それが未だに可能な場所は世界中を見てもほんのわずかにしか存在していません。

サイモン A.Takizawa
今年あらたに作成した瀧澤明子氏の「Najima」シリーズのコロタイププリントを見るベーカー氏

この度便利堂と提携して行われるコンペティションでは入賞者の作品は便利堂でコロタイプとしてプリントされますね。この古典的な印画技法を用いてプリントすることになる現代の写真家には何を求めていますか?

便利堂を見学した際、非常に有名な日本人写真家(植田正治や細江英公など)の作品やアメリカ人写真家の作品を見ました。とても古典的、歴史的あるいは存命の有名な写真家の作品で、それぞれの作品からまた違ったコロタイプを発見できます。また便利堂には瀧澤明子などの若手の写真家の作品もありました。まだ若手である彼女の作品を見ると、また違ったコロタイプの感性を発見できます。

このように、便利堂のような伝統や歴史的技法に深く関わっている工房では、自分のスタイルを模索している彼女の作品にも、熟練技師の目をもって何かを与えられるということは非常に興味深いと思います。これが、過去にも現在にもマスタープリンターと一緒に写真のプリントをする、特にカラー写真のプリントをする写真家が多い理由だと思います。マスタープリンターと共同作業することによって作品について様々なアドバイスがもらえるからです。

daiwa.jpg
ロンドン・大和ファウンデーションで開催された瀧澤明子氏の個展 2012/1/18-3/1
展示作品には「Osorezan, Goshogwara」シリーズのコロタイププリント8点も展示された(写真左の壁面)。⇒作品詳細はこちら


このコンペの受賞者は提出した画像のみで選ばれるのですか? それともコロタイプ技法との相性も考慮されるのですか?

若手の写真家を便利堂に招待し便利堂のスタッフの方々と作業する利点は、彼らエキスパート達とアイデアや専門知識を交換できることです。自分の作品をまだ模索していて、印画技法に興味があり、もしかするとすでに様々なモノクロプリント技法やカラープリント技法を試行錯誤しているような人には素晴らしい経験となることと思います。また、この経験の最大の利点は、通常ではあり得ない便利堂の熟練技師と経験を共にできることです。このコンペに入選するとコロタイプで素晴らしい作品を作るだけでなく、自分の作品の制作を新たな視点で見る機会も与えられると思います。

写真の世界も競争率の高い分野となってきていますが、若手の写真家に何かアドバイスをお願いします。

私からのアドバイスは、まさに便利堂で行われていることをすることです。過去に何が起こったのかを知り、それと同時に今自分たちの周りで何が起こっているのかを注意深く考えること、プロセスや材料に興味を持つことです。写真を、ただ写真を撮るだけのこととして捉えるのではなく、カメラを使い写真を撮りそれをプリントする、あるいは印刷物として出版もしくは興味をそそる方法で展示するという一連のプロセスとして捉えていただきたい。すでにそう捉えているのであれば正しい方向へ向かっているということです。



インタビューでも言及されていた瀧澤明子氏のコロタイププリントとして、現在3シリーズが完成しています。

「Osorezan, Goshogawara」8点 エディション10
「Najima」7点 エディション15 作品詳細
「Headland」5点 エディション15 作品詳細

「Najima」と「Headlnd」は、今月末からパリで開催されるフォトフェア、Fourth images(10/31-11/5)で 初めてお披露目されます。

Najima Box
「Najima」コロタイプ・ポートフォリオ

■そのほかのベーカー氏のインタビュー記事
「サイモン・ベーカー、日本のフォトグラフィーやフォトブックスについて語る」(BLOUIN ARTINFO)
「入場者数世界一を誇る美術館のキュレーターが語る写真のこれから──サイモン・ベーカー(キュレーター)」(GQ MEN)


《コロタイプギャラリー支配人(代理)から次回展のお知らせ》

Posted by takumi suzuki on 15.2013 【コロタイプギャラリー】   4 comments   0 trackback
世界記憶遺産登録記念
「記憶を護るコロタイプ」展開催のお知らせ
――山本作兵衛炭坑画と国宝『御堂関白記』――


山本作兵衛1


 本年4月に開廊いたしました「コロタイプギャラリー」では、来月より第3回目の企画展を開催いたします。開催概要を新人の竹内君より紹介してもらいます。

ギャラリー内部1
コロタイプギャラリー 
⇒第1回展「植田正治生誕100年記念 コロタイプポートフォリオ《童暦》」
⇒第2回展「コロタイプ手刷りプリントのたのしみ」


竹内

 こんにちは、新入社員の竹内です。藤岡支配人にかわりまして次回企画展のご紹介をいたします。今回は「記憶を護るコロタイプ」と題しまして、ユネスコが指定する「世界記憶遺産」に近年指定された、山本作兵衛画『筑豊炭坑画』と藤原道長筆『御堂関白記』のコロタイプ版複製を展示いたします。

 「世界記憶遺産」というと聞きなれない方もいらっしゃるのではないでしょうか。「世界記憶遺産」とはユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が主催する三大遺産事業のひとつで、ユネスコの世界記憶遺産国際諮問委員会(IAC)での審査を経て、2年に1度登録が行われます。代表的なものは、「フランス人権宣言」「アンネの日記」「ベートーベン第9交響曲」の草案などが登録されています。


◆山本作兵衛画 『炭坑記録画・記録文書』 平成23年(2011)指定

山本作兵衛
山本作兵衛画 『炭坑記録画』より 「バンガヤリ」(傾斜-二〇度位でのスラ運搬) コロタイプ複製
昭和39-42年(1964-67)頃 原本所蔵:田川市石炭・歴史博物館
平成25年(2013)制作


 日本で初めて、この「世界記憶遺産」に登録されることとなったのが、福岡県田川市と福岡県立大学が共同で申請した山本作兵衛氏による炭坑記録画および記録文書です。山本作兵衛氏は明治25(1892)年、福岡県に生まれました。7歳になったころ父に連れられ、一家で上三緒炭坑に移住し、この頃から兄とともに炭坑での手伝いなどで家計を助けつつ、小学校を卒業、15歳で嘉穂郡山内炭坑に炭坑夫として入坑して以降、約50年間にわたり坑夫生活を営みました。

 幼少期から絵を描くことに興味がありましたが、家庭の都合もあり絵を描く道には進まず、約40年のあいだ日々の生活に明け暮れる日が続きました。彼の描く絵は、炭坑労働者でなければ描くことのできないヤマで働く人々の生活や炭坑の実情、出来事などが力強いタッチで描かれ、戦前から戦後にかけて、日本の発展を支えた人々の記憶を現在に伝えています。⇒詳しくはこちら「山本作兵衛氏 炭坑の記録画」

 田川市が所有する絵画585点(墨画・水彩画)、日記6点、雑記帳・原稿など36点、山本家が所有し福岡県立大学が保管する絵画4点、日記59点、原稿など7点の計697点が記憶遺産に登録されましたが、今回は田川市が所蔵する絵画585点について、市のご注文で平成24年度より3ヵ年にわたってコロタイプ複製を制作することになりました。本展では、初年度に完成いたしました墨画102点・水彩画93点のうち、水彩画10点を展観いたします。

 田川市石炭・歴史博物館では、企画展などで原画を展示をされてきましたが、今後はこの複製も作品の公開に活用されます。私はコロタイプの複製でしか作品を拝見していませんが、炭坑での過酷な仕事の様子や、当時使われていた工具や機械の説明、さらにはその炭坑夫の性格までもが細かく描かれていて、時間を忘れて隅から隅まで見入ってしまいました。


◆藤原道長筆 国宝『御堂関白記』 平成25年(2013)指定

御堂関白記
藤原道長筆 『御堂関白記』 コロタイプ複製
平安時代 原本所蔵:陽明文庫
手前:「長保6年暦」 カラーコロタイプ版 昭和58年(1983)制作
奥:自筆本全14巻 モノクロコロタイプ版 昭和11年(1936)制作

 
 今年になって、藤原道長筆『御堂関白記』が世界記憶遺産に登録されたという喜ばしいニュースを覚えている方も多いのではないでしょうか。『御堂関白記』は藤原氏による摂関政治の最盛期を築いた藤原道長(996~1027)の日記です。全36巻のうち、自筆である14巻がこのたび記憶遺産に指定されました。道長が33歳から56歳までのものです。現存している私的な日記としては最古で、これにユネスコは「世界最古の自筆日記であり、重要な歴史人物の個人的記録であり王朝文化が頂点に達した時代を活写した極めて重要な文書」と述べています。

 このような、世界的に見ても貴重な文化財が日本には数多くあって、それが評価されていくことは嬉しいです。正直、古典を読むのが大変苦手(笑)な私ですが、古い暦の一種である「具注暦」の余白に、本人が直接書いた書体からは臨場感が感じられ、当時の生活や、身のまわりのことを日々書き留めていたんだなぁと想いをはせました。

長保六年暦
『御堂関白記』長保六年暦 カラーコロタイプ複製
 
 今回の展示では昭和58(1983)年に多色刷のカラーにて複製しました「長保六年暦」を中心に、昭和11(1936)年に立命館創立35周年記念事業として出版された自筆本全14巻の単色版複製と合わせまして展示いたします。入社してから半年、まだまだコロタイプによる複製を見る機会が少ない私ですが、原本に限りなく迫るコロタイプの表現のすごさを改めて実感することができました。
 
 「炭坑画」の水彩のわずかな滲みや、色鉛筆で描かれた線。「日記」の墨の濃淡や本紙に描きこまれた部分など、その作品の寸法や、紙の質感までもとことん追求してつくられています! 是非、この限りなく本物に近いコロタイプ複製を皆さんにも見ていただきたいと思います。

 原本を目の前で見られるのが一番良いのかもしれません。ですが文化財なので、保存の観点から公開される期間が決まっていたり、なかなか公開されないということは多いと思います。そんな時にコロタイプ複製を通じて情報を得たり、質感を感じたりするのもその活用のひとつなのだと理解できました。そろそろ秋の清々しい季節となってまいります。ぜひコロタイプギャラリーに足を運んでいただいて、文化財の魅力を実際に感じていただければ幸いです。

会期   2013年11月5日(火)~11月23日(土)※日曜日は休廊。
     12:00~19:00

お問い合わせ先 株式会社便利堂 075-231-4351(代表) ※平日9:00~18:00
便利堂ホームページ http://www.benrido.co.jp/
Twitter @kyotobenrido


*コロタイプギャラリーは年数回企画展を開催しています。開催中はどなたでも展示と、隣接する工房の様子をご覧いただけます。現在、春・夏・秋の年3回程度を行っております。今後の開催予定につきましては、内容が確定次第、当ブログをはじめ、便利堂HPやツイッターでご案内させていただきます


プロフィール

takumi suzuki

Author:takumi suzuki
【コロタイプの過去・現在・未来。創業明治20年の京都 便利堂が100年以上にわたって続けているコロタイプ工房より最新の情報をお届けします】
Japanese:www.benrido.co.jp
English:www.benrido-collotype.today

カテゴリ

  • 【コロタイプとは? what is a collotype?】(1)
  • 【コロタイプ、やりませんか collotype academy】(15)
  • 【コロタイプで作品集をつくりませんか?】(1)
  • 【今日のコロタイプ】 (25)
  • 【コロタイプ技法解説 collotype process】(4)
  • 【コロタイプの歴史】(2)
  • 【古典印画技法 Altanative Process】(3)
  • 【コロタイプギャラリー】(25)
  • 【書棚のコロタイプ】(3)
  • 【コロタイプ技術の保存と印刷文化を考える会】(2)
  • 【法隆寺金堂壁画ガラス乾板保存プロジェクト】(3)
  • 【文化財を護る技―「認定保存技術」プロジェクト】(0)
  • 【メディア取材】(5)
  • 未分類(1)
  • English(8)
  • HARIBAN AWARD(7)

全記事一覧

takumisuzuki123