Loading…

《コロタイプギャラリー支配人からの次回展示のお知らせ》

Posted by takumi suzuki on 06.2013 【コロタイプギャラリー】   0 comments   0 trackback
「コロタイプ手刷りプリントのおもしろさ」展開催のお知らせ
2013年6月25日(火)~7月6日(土)12:00~19:00 (日曜日は休廊) 

PaperCamera2013-05-31-20-21-39.jpg

支配人WS
工房長・山本に指導を受ける藤岡支配人(2012/8/8)

 こんにちは。コロタイプギャラリー支配人の藤岡です。
 ギャラリーオープン展「植田正治生誕 100 年記念コロタイプポートフォリオ《童暦》」 は盛況のうちに終了いたしました。お越しくださいました皆様、ありがとうございました!

 当廊の次回展が決定いたしましたので、お知らせいたします。次回は、便利堂社員が自分の作品を自ら手刷りしたプリントを展示いたします。題して「コロタイプ手刷りプリントのおもしろさ」展。

ギャラリー内部1
コロタイプギャラリー(写真はオープン展の植田正治《童暦》展)

 博物館等のレプリカや作家の作品制作に用いられるコロタイプは熟練の職人技を要する技法ですが、便利堂ではその魅力やおもしろさをより身近に楽しんでいただくために一般の方々を対象にしたワークショップの開催に取り組んでいます。「コロタイプワークショップ」参照

 今回は、便利堂社員を対象にワークショップを開催し、その作品を展観いたします。風景や家族、日々の生活のなかで心の琴線に触れた大切な思い出をモチーフに、社員自らコロタイプで表現することに挑戦します。 

 普段はお客様からご注文いただき、ご要望にあわせてコロタイプで複製品や作品を制作しているコロタイプ職人たちが、自分の作品となると、何を題材に選び、どのようにプリントするのか。カメラマンは被写体に何を題材に選ぶのか。営業やショップスタッフは、お客様にコロタイプについてご紹介させていただくことはあっても、自分が実際にやったことはありません。総務となると。。

suzuki ws
商売繁盛♥」これをプリントしてみようと思います(鈴木)

 便利堂の誇る伝統技術であるコロタイプですが、ほとんどの社員は自分の作品はおろか、自分でプリントすることはありません。日々コロタイプに触れている便利堂社員がどのように刷り上げるのか。社員WSは今週から来週いっぱいまで開催し作品つくりを行う予定です。まさに雰囲気は部活動! “コロタイプ部”のようなイメージで、楽しんでプリントしていく予定です。各人ユニークな原稿が入稿されているので、仕上がりが楽しみです。

 展示作品には社員および来廊者の皆さまに投票してもらい、優秀作を選出予定です。お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りいただき、投票にご参加いただけましたら幸いです。投票にご参加くださいました方には、コロタイプ絵葉書を1枚プレゼントいたします! ギャラリーからは工房の様子もご覧いただけます!

コロギャラ窓
平日お越しいただくと、窓越しに職人の熟練の技をご覧いただけます。

会期   2013年6月25日(火)~7月6日(土)※日曜日は休廊。
     12:00~19:00

お問い合わせ先 株式会社便利堂 075-231-4351(代表) ※平日9:00~18:00
便利堂ホームページ http://www.benrido.co.jp/
Twitter @kyotobenrido

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://takumisuzuki123.blog.fc2.com/tb.php/30-d9a12c97

プロフィール

takumi suzuki

Author:takumi suzuki
【コロタイプの過去・現在・未来。創業明治20年の京都 便利堂が100年以上にわたって続けているコロタイプ工房より最新の情報をお届けします】
Japanese:www.benrido.co.jp
English:www.benrido-collotype.today

カテゴリ

  • 【コロタイプとは? what is a collotype?】(1)
  • 【コロタイプ、やりませんか collotype academy】(15)
  • 【コロタイプで作品集をつくりませんか?】(1)
  • 【今日のコロタイプ】 (24)
  • 【コロタイプ技法解説 collotype process】(4)
  • 【コロタイプの歴史】(2)
  • 【古典印画技法 Altanative Process】(3)
  • 【コロタイプギャラリー】(23)
  • 【書棚のコロタイプ】(3)
  • 【コロタイプ技術の保存と印刷文化を考える会】(2)
  • 【法隆寺金堂壁画ガラス乾板保存プロジェクト】(3)
  • 【文化財を護る技―「認定保存技術」プロジェクト】(0)
  • 【メディア取材】(5)
  • 未分類(1)
  • English(8)
  • HARIBAN AWARD(7)

全記事一覧

takumisuzuki123