Loading…

彬子女王殿下とコロタイプ

Posted by takumi suzuki on 24.2013 【今日のコロタイプ】    0 comments   0 trackback
『文化財の現在 過去・未来』 彬子女王・編
「文化財保存に資するコロタイプ技術と今後の課題」 
山本修(便利堂コロタイプ工房長)寄稿文収載

『文化財の現在 過去・未来』
『文化財の現在 過去・未来』彬子女王・編 
2013年7月20日発行 宮帯出版社 4500円 ISBN978-4-86366-889-8


 現在立命館大学衣笠総合研究機構招聘研究教員をされている彬子女王殿下が、このたび『文化財の現在 過去・未来』を上梓されました。これは2010年4月と2011年12月の2回にわたって立命館で開催された国際シンポジウム「文化財の現在 過去・未来」の成果をまとめられたものです。

 英国留学から帰国された殿下は、立命館大学の勤務で京都に移り住まれることになりましたが、京都の伝統・文化を直に触れる機会が増える中で、伝統的文化や文化財をどのように後世に遺していくかという問題意識を持たれました。そして企画されたのがこのシンポジウムです。従来お互い接点を持つ機会が少ない異業種・異分野間でこの問題を共有し、論じ、展開していこうというのが彬子女王殿下の独自の切り口となっています。

 1回目のテーマ「デジタルとアナログ共存の意義」(2010年4月30日、5月1日)では文化財を支える「人」に焦点が当てられ、第2回「モノの記憶を残す方法」(2011年12月17日、18日)では文化財を支える「モノ」に焦点を当てられました。第1回目のシンポジウムでは、草木染の伝統染色技術を伝えておられる吉岡氏や和菓子文化の虎屋さん、修復技術者としての表具師関地氏、コレクターとして古美術を継承しているジョー・プライス氏などがスピーカーとして参加されました。

 各分野で著名な各氏にまじって、僭越ながら弊社コロタイプの山本が「コロタイプ、その文化財保存への役割―デジタルを取り入れた技術革新の取り組みを中心に」と題して発表させていただきました。本書でも、その時の講演内容をまとめたものを寄稿させていただいています。

img-724123405-0002.jpg
講演会後のパネルディスカッション。右から二人目が彬子女王殿下。ジョー・プライス氏の左が山本。2010年5月1日

 彬子女王殿下とのご縁ができましたのは、殿下がまだ英国オックスフォード在学中の2008年末に法隆寺金堂壁画についてお問合せのメールをいただいたことでした。当時殿下は、大英博物館の日本美術コレクションを研究されており(その論考は⇒こちら、その調査中に弊社が昭和12年に大英博物館に納入したコロタイプ版「法隆寺金堂壁画」を発見され(⇒詳しくはこちら、その納入経緯についてお尋ねいただいたのが最初です。帰国後は京都にお住まいのこともあり、弊社工房見学にお越しいただいたり、コロタイプ研究会にご出席いただくなど、親しく接していただいています。

彬子女王殿下2
コロタイプ版「法隆寺金堂壁画」をご覧になる彬子女王殿下。2009年3月19日

 このような経緯から、殿下にはコロタイプとその技術を用いた文化財保存について深くご理解いただいていたため、このシンポジウムの参加を呼び掛けていただいた次第です。さらに今回、このような書籍に発表の場を与えていただきありがたく思っております。パネルディスカッションも収録されており、非常に中味の濃い内容となっております。ぜひご一読していただきたい1冊です。京都国立博物館、京都文化博物館のミュージアムショップでも取扱い予定です。

彬子女王殿下1
工房見学で説明を受けておられる彬子女王殿下。同日

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://takumisuzuki123.blog.fc2.com/tb.php/40-e3a71fc1

プロフィール

takumi suzuki

Author:takumi suzuki
【コロタイプの過去・現在・未来。創業明治20年の京都 便利堂が100年以上にわたって続けているコロタイプ工房より最新の情報をお届けします】
Japanese:www.benrido.co.jp
English:www.benrido-collotype.today

カテゴリ

  • 【コロタイプとは? what is a collotype?】(1)
  • 【コロタイプ、やりませんか collotype academy】(15)
  • 【コロタイプで作品集をつくりませんか?】(1)
  • 【今日のコロタイプ】 (25)
  • 【コロタイプ技法解説 collotype process】(4)
  • 【コロタイプの歴史】(2)
  • 【古典印画技法 Altanative Process】(3)
  • 【コロタイプギャラリー】(25)
  • 【書棚のコロタイプ】(3)
  • 【コロタイプ技術の保存と印刷文化を考える会】(2)
  • 【法隆寺金堂壁画ガラス乾板保存プロジェクト】(3)
  • 【文化財を護る技―「認定保存技術」プロジェクト】(0)
  • 【メディア取材】(5)
  • 未分類(1)
  • English(8)
  • HARIBAN AWARD(7)

全記事一覧

takumisuzuki123