Loading…

《コロタイプギャラリー支配人から次回展のお知らせ》安井仲治コロタイプ写真展

Posted by takumi suzuki on 17.2014 【コロタイプギャラリー】   4 comments   0 trackback
明日より!展示に合わせて復刻版ポートフォリオも販売!
写真史家・金子隆一先生の特別フロアレクチャーも開催! もり沢山です!

2014/4/18-5/11 @便利堂コロタイプギャラリー

安井1


373320_476366759096518_1330954385_n_20140318194911044.jpg


コロタイプギャラリー支配人の藤岡です。
便利堂コロタイプギャラリーでは、4月18日(金)より春季展「安井仲治コロタイプ写真展」を開催します。

写真家・安井仲治(やすい・なかじ)は、大正から昭和初期にかけて、同時代のおおくの仲間たちと関西から「新興写真」ムーブメントを起こし、日本写真史の一時代を築きます。一方でその抜きんでた才覚は他と一線を画し、「日本写真史」の枠内にはおさまりきらない存在だっともいえます。安井仲治について、あるいは遺作集の内容については、前回のブログ記事を読んでいただくとして、今回は展覧会のみどころについてご紹介します。
⇒前回ブログ記事 「写真集:安井仲治『安井仲治写真作品集』 昭和17年(1942)」

安井3
早速、復刻版のオフセット刷とコロタイプ原本を比較するサイモン・ベーカー氏

本展では、昭和17年に便利堂が制作を受注し、コロタイプ版で刊行された『安井仲治写真作品集』より全50作品中31点をえらび、一挙額装展示します。これらは、安井のオリジナルプリントを種(たね)にしたオリジナルコロタイププリントで、前回紹介した写真史家・金子隆一先生の言葉にもあるとおり、「今日において安井仲治の写真世界を正当に伝える」唯一の作品群であり、日本写真史にとっては「第一級の」資料といえるものです。

これまで当ギャラリーに足を運んでくださったみなさま、またコロタイププリントを目にしてこられた方々からは、コロタイプの、とりわけ写真プリントについて、「なめらかで繊細」「うつくしい」「奥行きが感じられ、吸い込まれるよう」といった感想をおおく頂戴しました。ところが、これはわたしの主観ですが、安井のこのコロタイププリント群には、繊細さやうつくしさよりもまずもって荒々しい、ごつごつした感触があります。それは経年による用紙の質感がもたらす印象もおおきいかもしれません(インキに褪色がみられないところはさすがコロタイプです!)。が、それだけではない何かがあるように思えます。

安井4
京都グラフィー「とらや京都ギャラリー」で個展「Where We Belong」を開催中の瀧澤明子氏

ひとつには被写体や作品のテーマ(あるとすれば)がもたらす何か。身近なポートレートから近代都市が孕む社会問題を想起させる主題、独特の視点・意図をもって配置された静物など、とても幅広い、バラエティに富んだ作品の数々が一堂に並んだときに圧倒的なパワーを生み出すのかもしれません。またこのプリントが戦中戦後から平成のいままで生き抜いてきた、その事実(じっさいは70年間、便利堂社屋にひっそりと誰にも気付かれずに眠っていたのですが)が、日頃のんべんだらりと暮らしている私のようなものに強い刺激(喝)をあたえるのかもしれません。

今回ももちろん、ガラスやアクリルを介さない「むき出し」の状態で鑑賞者のみなさまに対峙していただきます。昭和17年といえば、前半はまだ戦勝ムードに国中が沸いていたとはいえ、やはり戦時下、「天才」の早すぎる死。そんななか、この遺作集を編んだ遺族や編纂者=盟友たちの気持ちに思いを馳せずにいられません。70年以上のときを経て、このプリントたちが生みだされた便利堂でまさに展観される。ごく自然のなりゆきなのかもしれませんが、その事実にこそ驚かされるのではないでしょうか。やや手前味噌ではありますが、先輩がたが、こんな時代に素晴らしい仕事をしていたこともぜひ感じていただきたいです。

2014_04_16_18_03_31.jpg
瀧澤明子写真展「Where We Belong」とらや会場の様子⇒くわしくはこちら こちらも是非ご覧ください、見ごたえあります!

本展は、京都グラフィーのサテライト展示〈KG+〉に参加しています。第2回にして、すっかり定着した写真の祭典を、京都の各所でおおいに楽しんでください。また会期中5月5日(月・祝)、金子隆一先生によるフロアレクチャーを開催します。またとない機会です。ぜひ足を運んでください。また本展を記念して、安井仲治コロタイプポートフォリオを発売いたします。鋭意制作中です。こちらもどうぞよろしくお願いします。

安井仲治タトウ
4月19日発売予定! 5700円+税

◆安井仲治コロタイプ写真展
会期:2014年4月18日(金)~5月11日(日)※会期中無休
開廊時間:12:00~19:00
場所:便利堂コロタイプギャラリー
〒604-0093 京都市中京区新町通竹屋町下ル弁財天町302 便利堂京都本社1F

◆写真史家・金子隆一先生による特別フロアレクチャー
日時:5月5日(月・祝)14:00より
場所:便利堂コロタイプギャラリー

◆コロタイプ・ポートフォリオ《The Photography of YASUI NAKAJI》
価格:5700円+税
仕様:コロタイププリント6枚組、タトウ入り
発売予定日:4月19日



haribancover21.jpg 
国際コロタイプ写真コンペティション「HARIBAN AWARD」

京都で職人と一緒にあなたの写真をコロタイプしませんか
受賞者は2週間の京都滞在をしながら受賞作を職人と共に作り上げる機会が与えられます。

HARIBAN AWARDやります! 詳しくは公式サイトへ! Http://www.haribanaward.org



campfire logo

HARIBAN AWARD開催にむけてご支援お願いします!
パトロンになっていただいた方には数量限定の「コロタイプサンプル」、「ワークショップ参加」など特別なリターンをご用意しています。
くわしくは⇒クラウド・ファンディングサイト「CAMPFIRE」をご覧ください!


関連記事

ありがとうございます! お待ちしております!

> 近くに寄った際には、見に行きたいと思います。
2014.04.18 11:39 | URL | takumi suzuki #- [edit]
間違って一つ前のコメント欄にてお訊きしました
度々すみません

どうぞ宜しくお願い致します!
2014.04.22 00:15 | URL | 玖美 #22hNL7Yc [edit]
メールアドレスを下記にご連絡いただきましたら、わかり次第ご連絡させていただきます。

info@benrido.co.jp

> 間違って一つ前のコメント欄にてお訊きしました
> 度々すみません
>
> どうぞ宜しくお願い致します!
2014.04.27 12:46 | URL | takumi suzuki #- [edit]
瀧澤明子さんのとらや会場在廊予定をお知らせします。

5月10日(土):14時以降

5月11日(日)最終日:終日在廊
2014.04.30 15:17 | URL | takumi suzuki #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://takumisuzuki123.blog.fc2.com/tb.php/59-f69367b9

プロフィール

takumi suzuki

Author:takumi suzuki
【コロタイプの過去・現在・未来。創業明治20年の京都 便利堂が100年以上にわたって続けているコロタイプ工房より最新の情報をお届けします】
Japanese:www.benrido.co.jp
English:www.benrido-collotype.today

カテゴリ

  • 【コロタイプとは? what is a collotype?】(1)
  • 【コロタイプ、やりませんか collotype academy】(15)
  • 【コロタイプで作品集をつくりませんか?】(1)
  • 【今日のコロタイプ】 (25)
  • 【コロタイプ技法解説 collotype process】(4)
  • 【コロタイプの歴史】(2)
  • 【古典印画技法 Altanative Process】(3)
  • 【コロタイプギャラリー】(25)
  • 【書棚のコロタイプ】(3)
  • 【コロタイプ技術の保存と印刷文化を考える会】(2)
  • 【法隆寺金堂壁画ガラス乾板保存プロジェクト】(3)
  • 【文化財を護る技―「認定保存技術」プロジェクト】(0)
  • 【メディア取材】(5)
  • 未分類(1)
  • English(8)
  • HARIBAN AWARD(7)

全記事一覧

takumisuzuki123