Loading…

The collotype exhibition of Awoiska van der Molen, the winner of Hariban Award 2014

Posted by takumi suzuki on 10.2015 HARIBAN AWARD   0 comments   0 trackback
'Sequester in Collotypes'
April 18 (Sat.) - 22 (Wed.) 2015 / 11:00-18:00 @Kousei-in Temple

kousei-in1.jpg
展示会場となる廣誠院 The Exhibition Venue : Kousei-in Temple

19世紀の古典技法「コロタイプ」を使った世界初の国際写真コンペティション「HARIBAN AWARD 2014」で世界中の応募者131名の中から見事に最優秀賞受賞者に選ばれたアヴォイスカ・ヴァン・デル・モレン氏が、職人とともにつくり上げたコロタイププリントの展示を行います!
Awoiska van der Molen was chosen as the Grand prize of the first annual Hariban Award from 131 applicants from around the world. She spent two weeks in Kyoto working with the master artisans at the Benrido Collotype Atelier to create collotype prints of winning photograph. The exhibition of those works will be held as an associated program of Kyotographie!

Awoiska Untitled 245-18 2010
©Awoiska van der Molen Untiteled 245-18-2010

【日時】2015年4月18日(土)~22日(水) 11:00~18:00
【場所】臨済宗保水山 廣誠院 《地図》
【施設入場料】700円
【協賛】オランダ王国大使館
Date : April 18 (Sat.) ~ 22 (Wed.) 2015 11:00~18:00
Venue : Koisei-in Map
Entry fee : 700 yen
Sponsor : Embassy of the Kingdom of the Netherlands

旧薩摩藩士 伊集院兼常邸であった廣誠院は数奇屋風の書院と茶室からなり、七代目小川治兵衛による庭もすばらしく、高瀬川から引き込まれた大きくゆるやかな川の流れを眺めることができます。趣深い建物や豊かな庭園のなか、ゆったりとした気持ちで作品をお楽しみいただける場所です。通常は非公開ですので、施設内部に入ることができる今回は大変貴重な機会になります。
Kousei-in was a residence of Ijuin Kanetsune, a former retainer of the Satsuma clan. Kousei-in includes Sukiya style study room and tea-room. At the garden, you can see the gentle flow of water, comes from Takasegawa river. Please enjoy our collaborated works while you are relaxed in the tasteful house and the garden with full of green. The house is usually not open to the public. This exhibition will be a very rare chance to visit inside the Kousei-in.

kousei-in2.jpg

また18日(土)には、アヴォイスカ・ヴァン・デル・モレン氏による写真集サイン会を実施します!
Book Autograph session of Awoiska van der Molen will be held on 18(Sat.)

無題1

氏がコロタイプ職人とともにひたむきに作り上げた作品の数々を、ぜひご覧ください。
Please visit and enjoy the works she produced with collotype artisans.

昨年の選考の様子やアヴォイスカ・ヴァン・デル・モレン氏の略歴は こちら
作品制作についてのインタビューはこちら
Awoiska van der Molen about Her stay and production in Kyoto   blog / Interview

なお、本展示は23日(木)以降も場所を変えて行います。
This exhibition will be continued at the different venue from 23 (thu.)


【期間】4月23日(木)~5月10日(日) 11:00~18:00
【場所】京都ホテルオークラ 地下1階 ※廣誠院すぐ近く 《地図
【施設入場料】無料

Term : April 23 (Thu)~May 10 (Sun) 11:00~18:00
Venue : Kyoto Hotel Okura B1F * very close to Kousei-in MAP
Entry Fee : Free

お越しの際はお間違えのないようご注意ください。皆様のご来場を心よりお待ちしております!
Please don’t confuse the two venues. I will look forward to seeing you at the exhibition.

award2014catalog1.jpg

award2014catalog2.jpg


Hariban Award 2014の公式カタログ、出来上がりはこんな感じです。本紙は、三椏と雁皮を使った極薄の和紙。プリントの際の扱いは難しいですが、コロタイプとの相性はいいと思います。限定150部 4月17日発売開始。展示会場ならびに便利堂オンラインショップ kyotobenrido.com でも販売いたします!

Happily introducing completed “HARIBAN AWARD 2014 Official Catalogue”
Very thin Japanese paper: Mitsumata and Ganpi are used. These are difficult to treat when printing, but are compatible with collotype.Limited 150 editions will be launched on April 17th. It can be purchased at the exhibition venue and Benrido Online shop kyotobenrido.com


Hariban Award 2015

HARIBAN AWARD 2015 募集始まります! ぜひサインアップを!
Submissions for the 2015 award open soon. Sign up for updates!


http://launch.haribanaward.org/>

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://takumisuzuki123.blog.fc2.com/tb.php/82-57593972

プロフィール

takumi suzuki

Author:takumi suzuki
【コロタイプの過去・現在・未来。創業明治20年の京都 便利堂が100年以上にわたって続けているコロタイプ工房より最新の情報をお届けします】
Japanese:www.benrido.co.jp
English:www.benrido-collotype.today

カテゴリ

  • 【コロタイプとは? what is a collotype?】(1)
  • 【コロタイプ、やりませんか collotype academy】(15)
  • 【コロタイプで作品集をつくりませんか?】(1)
  • 【今日のコロタイプ】 (25)
  • 【コロタイプ技法解説 collotype process】(4)
  • 【コロタイプの歴史】(2)
  • 【古典印画技法 Altanative Process】(3)
  • 【コロタイプギャラリー】(25)
  • 【書棚のコロタイプ】(3)
  • 【コロタイプ技術の保存と印刷文化を考える会】(2)
  • 【法隆寺金堂壁画ガラス乾板保存プロジェクト】(3)
  • 【文化財を護る技―「認定保存技術」プロジェクト】(0)
  • 【メディア取材】(5)
  • 未分類(1)
  • English(8)
  • HARIBAN AWARD(7)

全記事一覧

takumisuzuki123